川越英語案内人〜川越を英語で歩こう会〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 伝える難しさ

<<   作成日時 : 2017/08/12 22:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 本当に難しい。

 一昨日の歩こう会の活動ですが、五百羅漢について事前に調べ、五百羅漢とはどういうものか、あるいは、それを基にした案内原稿を用意する。

 先週、このように伝えたつもりでしたが、つもりで終わっていたようです。

 会員の用意してきたものはバラバラでした。 何をどう伝えるかしっかり考えてください、聞き手の存在を意識してくださいと言っている私が、、、。

 自分の意図を十分に伝えきれていなかったことの証明になってしまいました。 これではいけませんね。 反省。

 さて、英文で案内原稿を書く時、例えば、自分の主張に応じて能動態を使うか受動態を使うかなどを、先ず判断する必要があります。

 行為者が分からない場合、行為者を明かしたくない場合などには受動態を使えばよい。

 自分の主張をしっかり固めた上で、それを的確に表すようにどういう文体を使うか決めなければならないということですね。

Instagram
Instagram

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
伝える難しさ 川越英語案内人〜川越を英語で歩こう会〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる