川越英語案内人〜川越を英語で歩こう会〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 川越市障害者スポーツ大会

<<   作成日時 : 2017/10/08 22:36   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 やれてよかった。

 今日は毎年恒例の障害者スポーツ大会の日でした。

 このところ雨が結構降ったので、開けるかどうか心配していましたが、今年は順延が無いということだったので、やると確信しておりました。

 朝食を用意し、息子を川越駅まで送り届けて、もう一度家に帰り、色々な用意をして運動公園へ。

 何故か途中車が混んでいて、少々遅れ、既に競技が始まっていました。 予定通りの開催ということで、参加チームがとても多く、グランドは満員状態。

 曇っていて、それほど暑くなくよかったなと思っていました。 私が出る種目はボーリングゲームとアベック風船。

 ボーリングゲームは第一投で4本、二投目ではパーフェクトで合計10本で、ボランティアの女性に褒められました。 昔取った杵柄かな。

 景品をもらいに行こうとした時、「先生っ!」という声が。 声の方に目を向けると、Nさんでした。 「あっ、お早うございます。 いつもご苦労様です。」

 色々お忙しいのによくやってくださるものだ。 以前から、何度かスポーツ大会でお会いしています。

 2つ目の競技では、出番を待つ間に男性職員と作業所の現状について色々話を聞きました。

 ベーカリーが引っ越すのです。

 息子たちは、ベーカリーの2階で、これまで安全に隔離されていた場所から大勢が集まる本部へ移動することになり、落ち着かず、心配しているところです。

 他の利用者の中にも様々な難しい問題が出ており、それに対処している最中だと聞きました。

 全く偶然のことですが、大きな問題を抱えている利用者の一人とアベックになることになりました。 「I 君、頑張ろうね。」

 笑顔でそう声をかけたのですが、全くの無表情で声も返ってきませんでした。

 ところが、競技を終えて、景品をもらいに行く途中、下げていた私の左手をその子が握ってくるではありませんか。

 私よりも背の高い男の子がまっすぐ前を向いたまま黙って手を握ってきたのですから、少々驚きましたが、そのまま握り返してあげ、仲間がいるところまで手をつないだまま帰りました。

 「信頼されたんじゃない。」と女房。 まあ、そうならよかったかもしれない。

 いつもと異なり、今回私は大変でした。 おしっこに問題がある息子を何度もトイレへ連れて行かねばならなかったのです。

 一度は、競技に出るので入場口に並んでいる時にもよおし、グランドの端から端まで連れて行き、途中でパンツを取ってトイレへ。

 混んでいたので車椅子用の臨時のトイレに入ると、「車椅子用だよ。」と、息子が不満げに言う。 「車椅子用の所じゃないとズボン脱いでパンツ取り替えられないでしょう。」

 急いで戻ると、職員さんが心配顔で待っていました。 「良かったです。 間に合って。」 入場寸前だったのです。

 こんなことが何回かありました。 グランドにいる間中、トイレへ行き来していた感があります。 駐車した車のボンネットに濡れたジャージーを広げて干しておきました。

 競技が始まると雲が消え、暑い日差しに悩まされました。 暑すぎるので、昼食は男性職員さんの計らいで、クーラーを点けたマイクロバスの中で摂りました。

 息子は今年もリレーに出たのですが、御覧のような調子でした。 一人とっても速い子がいて、何とか3位になったようです。

 皆さん、お疲れ様でした。 ありがとうございました。

Instagram
Instagram 

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
川越市障害者スポーツ大会 川越英語案内人〜川越を英語で歩こう会〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる