川越英語案内人〜川越を英語で歩こう会〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ボランティア・ガイド養成講座

<<   作成日時 : 2019/03/13 23:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 ボランティア・ガイド養成講座も4回目です。

 今日から時間が午前になりました。 私の予想通り数が少し減り、43名参加となりました。

 初め、前回皆さんに板書を書き写していただいたもののコピー、頼んでおいたのに、職員が忘れたようで、すぐにコピーしてもらいました。

 前回、皆の前で読まなかった方に読んでもらいました。

 これはやはり難しそうでしたね、当然のことですが、、、。

 「いきなりでキンチョウしちゃいました。」と不平を漏らす人もおりましたね。

 それから外に出て、私が少し英語で案内しました。

 祭り会館を出てすぐのところにある空地で、大沢家と金笛さんの店を見せて蔵造りを説明。

 蔵造りの必須条件が木造住宅であることを強調。

 続いて、札の辻を説明。 現場で40人以上に説明するのは不可能なので、ここで前もって説明を済ませておく。

 それから、見立寺さんへ。 蹲水琴窟をどうしても体験して欲しかったから。

 知らない人が多く感動してもらえました。

 そして、布袋尊も見てもらい、微笑んでもらいたいと思いました。

 微笑みは大事ですからね。 朝の挨拶をしないで会釈するでもなく黙って入ってくる人が多いのには驚いたものですから。

 そして、菓子屋横町を通り抜けて、養寿院の石碑を説明して、猫屋敷、そして双葉幼稚園の脇で時の鐘を見てもらい、或る木を説明しようとしました。

 ところが、寸前にはちゃんと覚えていたのに、パッと脳裏から消えてしまったのです、木の名前が。

 「〜は双葉より芳し」というのですがと言うと、近くにいた女性が「栴檀は双葉より芳し」と助けてくれました。

 最近はこういう痴呆現象がよく起こり、閉口しています。

 看板を見た人が「ああ、それで双葉幼稚園って言うのか。」と。

 雪塚稲荷前で、伝説、鳥居など説明。 綱から下がっている白いものは何かとの質問あり。 四手であることを説明。

 それから鴟尾を説明してから、釈迦苦行像へ。 初めて見る人が多かったようで驚いていました。 「見るの嫌、こういうのは。」という人も。

 説明後は皆しんみり。 やまわさん横で目塗り台の説明、 そして時の鐘へ。

 12時5分前くらいに私は失礼させていただき、急ぎ仕事場へ。

 トースト1枚とコーヒーを飲んで、銀座へ。

 戻ってきたのは7時近くになっていました。 疲れました。

 写真は歌舞伎座横の通りからの景色です。

Instagram
Instagram

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ボランティア・ガイド養成講座 川越英語案内人〜川越を英語で歩こう会〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる