ゴンシャン

DSC_0809.JPG
DSC_0808.JPG

 「ゴンシャン ゴンシャン 何処へゆく

 赤い御墓の曼殊沙華(ひがんばな) 曼殊沙華

 今日も手折りに 来たわいな」

 曼殊沙華が咲いているのを見つけ白秋の詩を思い出し口ずさみました。

 と同時に数年前に亡くなった生徒さんのことを思い出しました。

 ちょっと変わった天才肌の物知りな方でしたがこの人にこの詩を教えてもらったのです。

 今朝K公民館に向かう時に畑の淵に曼殊沙華を見つけ池辺公園に車を止めて写真を撮りました。

 ほんとに不思議な綺麗な花ですね。

 子供の時にこの鮮やかな花を見つけて草むらの中を取りに行こうとしたら亡くなった次兄が「その花の近くには蛇が出るから行くな。」と大声で言いました。

 後に曼殊沙華の根には毒があることを知りました。

 河童伝説もこの蛇伝説も危険なものに近付くなという警鐘なんだろうと思いました。

 しかし綺麗な花ですね。

 私は群生よりも一つ二つ咲いているのが好きです。

 「ゴンシャン ゴンシャン 何故(なし)泣くろ

 何時まで取っても 曼殊沙華 曼殊沙華

 恐(こわ)や 赤しや まだ七つ」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント