ジェイが死んだ

DSC_1041.JPG

  ジェイジェイが死んだ。

 昨夜仕事場から家に帰り車を止めたところに電話があった。

 「今電話が来てジェイの具合が悪いって。 ご飯あげても水をあげても戻しちゃうんだって。」

 奇跡的に回復していたのにちょっと驚きだったがどうしようもない。

 朝女房に尋ねると昨夜の11時半ころに亡くなったみたいと言う。

 息子を送り出した後ペット霊園に電話すると個別火葬なら午前中でも午後でも空いているという。

 10半ごろに連れて行くと伝えて急ぎ家を出てジェイの遺体を引き取り霊園へ。

 ジェイが炉に入る前には思わず泣いてしまった。

 骨を見て驚いたのは曲がり尻尾が真っ直ぐになっていたことだ。

 別の猫じゃないよなと思ったが恐らく我々が行く前に骨を生前の形のように並べていたのだろう。

 頭蓋骨はミーコのようにはきっちり残っていなかった眼窩の淵が欠けていたりしたが肩甲骨は大きくて立派だった。

 ミーコはすごかったんだなと再認識する。

 「父さんの大殺界の厄を二人が代わりに引き取ってくれたんじゃない。」と女房しみじみ言う。

 おいおい二人の死は俺のせいかよ。

 2カ月のうちに2回も火葬してもらうとは。

 紅葉が嫌に綺麗だった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント