驚異の復活か

DSC_1004.JPG
DSC_1006.JPG

 「あれっ温かいかな。」

 今朝獣医さんへジェイ君を連れて行ったが院長先生はジェイ君の体に触れてすぐにこう言った。

 体温を測ってみると何と平熱の38.4℃になっていたし体重も3.6キロくらいに。

 昨日は35℃くらいしかなかったそうだけど。

 目の輝きも戻り顔の表情も良くなってるし動きが早くなっている。

 「これならチュールのようなものでもいいですから食べ物を消化しますからあ下てください。」

 そういって輸液の点滴が終わった後チュールを持ってきて注射器に入れ口に入れてやるとジェイ君が口を動かして食べていた。

 1回にチュール1本くらいあげていいですから1日に2,3本。

 この調子なら輸液は毎日でなくて週に2回ぐらいでもいいと。

 しかし女房は心配だから明日も連れて行ってと言う。

 院長先生は明日は来なくていいと言ってたよと言っても明日どう変わるかわからないから連れて行ってと言い張る。

 従うしかないだろう。

 ところで今朝蓮馨寺に行ったらご覧のように人影が無く閑散としていた。

 いい感じでしたよ。

"驚異の復活か" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。